› 岡崎いいとこ風景ブログ › 眺望の風景 › 岡崎の地形

2010年09月23日

岡崎の地形


岡崎は、三河山地と三河平野が接する地形の起伏に富んだ、水と緑の自然豊かな地。

市街地からの東方向の眺望は、

清流乙川や矢作川を前景に、

そして、連なる山並みを背景に

わたしたち、くらしの景色が広がります。

撮  影  日  平成22年9月
撮 影 場 所  久後崎町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(眺望の風景)の記事画像
岡崎・高みの風景(その8)
岡崎・高みの風景(その7)
岡崎・高みの風景(その6)
大樹寺を訪れる人増加中!?
岡崎大橋からの眺め
岡崎城!
同じカテゴリー(眺望の風景)の記事
 岡崎・高みの風景(その8) (2013-12-04 08:30)
 岡崎・高みの風景(その7) (2013-10-24 08:30)
 岡崎・高みの風景(その6) (2013-10-17 08:30)
 大樹寺を訪れる人増加中!? (2013-09-12 08:30)
 岡崎大橋からの眺め (2013-06-25 08:30)
 岡崎城! (2013-06-04 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(3)眺望の風景
この記事へのコメント
キノシタ さん おはようございます。

 昨日は、十五夜でしたね。 この時季の空は何故かとても澄

んでいるのか 月がきれいに見えました。

 さて話はかわりますが、写真の後ろにある山並みは三河高

原(俗称なのでしょうか ?)ですね。

 (六所山 焙烙山の尾根が見えます。)

 この写真を見て、つい昨日電話口で聞いた いとこの「ほ

だねー。」の言葉を思い出してしまいました。

 実は、わたしこの山にの麓の産でして、松平氏発祥の地と

いわれている、「松平」は同じ小学校区にありまた。(つづき)

 


 
Posted by poohsan at 2010年09月23日 10:19
こんばんはキノシタさん

この角度から見る市内の様子、とっても素敵ですね。写真が岡崎市の多くを語っているような気も

します。岡崎城とビル群は、お城周辺の緑が結界となり折り合いをつけているようですし、市内の

岡崎公園は憩い、赤い電車と緑の鉄橋は交通の便は良い、市内を流れる伊賀川と菅生川は

水都岡崎市、遠くの山々は「自然体験の森」や「水とみどりの森の駅」や「村積山」等がイメージされ

「岡崎市は伝統があり、憩いがあり、交通の便はよく、環境がいいよ」と言っているようです。
Posted by シモン at 2010年09月23日 19:34
poohsanさん、シモンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

poohsanさんは、この景色に「故郷」を感じるんですね。
景観は、「見て感じること」と言います。
まさにシモンさんにとってのこの景観は大切なのですね。

この景色で伝えたいのは、ずばり、シモンさんのコメントそのものです。
共感していただける方がいて嬉しいです。

眺望景観というのは、近景、中景、遠景のすべてで構成されるものです。
岡崎という地を説明する要素がこの景色には凝縮されているのだと思います。
Posted by キノシタ at 2010年09月24日 12:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。