2010年10月12日

浄専寺


元能見町の浄専寺。大屋根の本堂は、周辺の市街地のなかでもひときわ存在感があります。

【現地案内板】
浄専寺は、元は土呂に開かれ、本多忠勝の帰依により本多家の菩提寺となった。江戸時代には本多家に随従して各地を転住し、岡崎城主として本多家が入封した翌年明和7年(1770)に岡崎に再来住した。当初郭内の中之馬場辺りに位置したが、寛政5年(1793)に六地蔵町へ移り、大正8年以降に現在地へ移った。

撮  影  日  平成22年10月
撮 影 場 所  元能見町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。