› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 父への想い

2010年10月05日

父への想い




徳川家康公の父、松平広忠公の御廟所のある松應寺。
母とは離別、人質となっていた幼少時代、突然、父を失った家康公。
現在の寺内の景観が、一本の松に託した父への想いを伝えています。

織田家(尾張)で人質となっていた竹千代(家康公)7歳のときに、父広忠公(24歳)を亡くしました。そして、織田家と今川家の人質交換により、名古屋から駿府へと向かう途中で、父の埋葬されているこの地に松を植えました。残念なことに、平成3年(1991)に、家康公お手植えの松は枯死してしまい、現在は2代目です。

【現地案内文】
徳川家康公の父・松平広忠公は天文18年(1549)3月、岡崎城中で家臣に刺殺され、亡き骸は、この地に埋葬されました。当時、人質として尾張にいた松平竹千代(家康)は、同年11月、岡崎に帰ると、この墓上に小松一株を植え、松平一族の繁栄を祈願しました。
永禄3年(1560)、家康公は、桶狭間(おけはざま)の戦いの後、岡崎城主となり、この地に一寺を建立しました。手植えの松が緑深く、東方に伸長するのを見て、「我が祈念に應ずる松なり」として、松應寺と名付けました。
この御廟所は、慶長10年(1605)、広忠公の57回忌にあたり、家康公により本堂などと共に造営、整備され、家康公を始め、秀忠、家光など歴代将軍が参詣しました。

撮  影  日  平成22年9月
撮 影 場 所  松本町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(1)歴史の風景
この記事へのコメント
キノシタ さん

 おはようございます。

 親を思うこどもの思いは、天下人であろうが、ちまたで暮らす

人々であろうと、まったくいっしょですね。

 日光東照宮をつくり、ここ 三河 岡崎 で 六所神社を造ら

せた権力 富 を 持った 松平氏の子もしょせんは人の子と

いったおもいがします。

 すこし重い話になってしまいました。

 話は変わりますが、すっかり秋。

 ドラゴンズのリーグ優勝 イチロウさんの200安打達成 な

どニュースがありますが やっぱり秋。

 くりきんとん やきいも あきなす 子持ちあゆの塩焼き な

ど食をそそりますね。

 スポーツ ハイキング ツーリング にもってこいの秋。

 F 1 レースの開催などちょっと楽しみな 10 月 

   
 
Posted by poohsan at 2010年10月05日 09:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。