› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 奥殿陣屋

2010年09月25日

奥殿陣屋





http://home1.catvmics.ne.jp/~ops/okutono/shisetu_all.htm
奥殿陣屋は、その昔、持統天皇が命名されたと伝えられる花ぞの山(村積山)の麓、1万6千石の親藩として奥殿藩の歴史と文化を今に残しているそうです。

金鳳亭では四季折々の食事が楽しめ、書院では日本庭園を眺めながら軽食を楽しむことができます。

私はせせこましい毎日を過ごしておりますが、ここでは時間がゆっくり、ゆるやかに流れており気分転換になります。

撮  影  日  平成22年9月20日
撮 影 場 所  奥殿町/地図
投  稿  者  シモン

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
徳川家康公の建てた寺・随念寺
大樹寺見学!
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)
 徳川家康公の建てた寺・随念寺 (2015-07-03 08:30)
 大樹寺見学! (2015-04-17 15:35)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(7)歴史の風景
この記事へのコメント
その、陣屋ですが、僕の剣道の先生が再興に尽力されました。
Posted by 華玉山 依芽呂または、華珠家 舞芽鷺 at 2010年09月26日 09:14
華玉山 依芽呂または、華珠家 舞芽鷺さん、おはようございます。

再興に尽力された人の活動があったからこそ、今の景観があるのですね。
Posted by キノシタ at 2010年09月27日 08:29
投稿時  いつもコメントをいただいていましたね
ありがとうございました

こちら つい先日行ってきたんですが
このような 撮影をしていませんでした
改めて 地元の人の 撮影を見せていただき感動しました
そろそろ 岡崎に住んで 1年を迎えようとしています

また 行った時 色んな角度で見たいと思います
Posted by TERU at 2010年09月27日 11:02
こんばんは「華玉山 依芽呂または、華珠家 舞芽鷺」さん

なんとお読みしたら良いのやら?平仮名をつけて頂けたら幸いです。さて せっかく頂きましたコメント

「剣道の先生」が再興に尽力された時の「苦労話」や「エピソード」などもお聞かせ願えたらなー・・・・・


こんばんはキノシタさん

私も同じ考えです。そこに何かが存在するということは誰かの考え、努力、工夫、情熱、願い等があり

そうですね。


こんばんはTERUさん

お誉め頂きまして有難うございます。TERUさんが切り取られれる「うこん桜」「田んぼの案山子」

素敵ですよ。さて、岡崎市民になられてまもなく1年!1歳? 「おめでとうございます d(*^-^*)♪」
Posted by シモン at 2010年09月27日 21:35
シモンさん、おはようございます。

写真から秋の気配が伝わります。
とても奥行き感がありますね。
Posted by キノシタ at 2010年09月28日 08:04
名前の読み方は僕のプロフィール欄を参照。

あと、先生は今は寝たきりで、満足に話が出来ないので聞けません。

純情キラリ放送後、1年以内に先生と後輩と食事会の後に行ったのですが、説明を聞き流す程度でしたから・・・。

僕にはその価値観が分らなかったのでしょう。
Posted by 華玉山 依芽呂または、華珠家 舞芽鷺華玉山 依芽呂または、華珠家 舞芽鷺 at 2010年10月01日 21:33
こんにちは、華玉山 依芽呂または、華珠家 舞芽鷺さんお返事有難うございます。

先生は体調悪そうでお見舞い申し上げます、「そして先生のご尽力により再興」覚えます。

さてブログ拝見させて頂き読み方がわかりました。

記事の「中高生自転車事情」古い話で恐縮ですが私はドロップハンドル(競輪自転車のハンドル)

に角度をつけたり、逆さにつけたりしておりました。自転車の安全操作に支障をきたすと

先生からもおまわりさんからも即刻中止の指導を受けました。(笑)
Posted by シモン at 2010年10月02日 13:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。