2010年09月30日

矢竹


「矢作」は古来より交通の要衝として人の営みがなされ、歴史の舞台となってきました。
「長瀬」という歴史的な地名は、現在絶えてしまいましたが、長瀬八幡宮などにその面影を偲ぶことができます。長瀬八幡宮にある竹に次の案内がありました。

矢竹の由来【現地案内文】
往昔、長瀬郷は矢作川の流れが幾重に長い瀬が流れまた蓬の里と称した。
景行天皇の御宇日本武尊東征の途此地にいたり給ひて、夷賊が駿河より進み来し、皇軍を迎へ戦はん由を聞し召し、乃ち軍を整へ且つ里人に命じて数多の矢を作らせ給ひ遂に大捷を得給うた是より里の名を矢作と呼び、(矢矧・矢矯・八脛・箭作)などと書かれたのである。矢に用ひた竹を採った所を矢竹薮と称し今尚長瀬八幡宮の境内に其遺跡を存じている。

撮  影  日  平成22年9月
撮 影 場 所  森越町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!


茅葺きの里フォトコンテスト実施中です!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。