› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 家康公の教え

2010年11月05日

家康公の教え


265年もの長きにわたる平和な江戸時代を築いた、徳川家康公の遺訓と遺言。

自らを律し、平和を願い、清廉に生きた「武士道」精神が感じられる景観です。

【東照公遺訓】
人の一生は重荷を負(おい)て遠き道をゆくがごとし、いそぐべからず、不自由を常とおもえば不足なしこころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし、堪忍は無事長久の基(もとい)、いかりは敵とおもえ勝事(かつこと)ばかり知りてまくる事をしらざれば害其身(がいそのみ)にいたる、おのれを責て人をせむるな、及ばざるは過(すぎ)たるよりまされり。

慶長8年正月15日

人はただ身のほどを知れ草の葉の 霜も重きは落つるものかな。

【東照公遺言】
わが命旦夕に迫るといへども、将軍欺くおはしませば、天下のこと心安し、されども将軍の政道その理にかなわず億兆の民、艱難することにあらんには、たれにても其の任に代らるべし。天下は一人の天下に非ず天下は天下の天下なり。たとへ他人天下の政務をとりたりとも四海安穏にして万人その仁恵を蒙らばもとより、家康が本意にしていささかもうらみに思うことなし

撮  影  日  平成22年11月
撮 影 場 所  康生町/地図
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)歴史の風景
この記事へのコメント
独り言

「東照公遺訓」・・・・・・・・・「及ばざるは過(すぎ)たるよりまされり。」 

             「心に沁みるなー」「沁みすぎてシビレてきた」    ・・・ウーム・・・/(-_-)ヽ
Posted by シモン at 2010年11月05日 21:04
シモンさん、おはようございます。

モノがあふれる現代、真の豊かさとは何か。。

「及ばざるは過(すぎ)たるよりまされり。」

シビレますよね。
Posted by キノシタ at 2010年11月07日 05:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。