› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 菅生神社〜石鳥居

2010年11月24日

菅生神社〜石鳥居



菅生神社に約370年前に建立された歴史ある石鳥居があります。岡崎市を代表する景観のひとつである「大樹寺から岡崎城を望む歴史的眺望」のビスタラインも約370年前に誕生しています。約370年・・・歴史を未来につなぎ、約400年・・・約500年・・・と市民共通の財産をしっかりと次代へ継承したいものです。
【現地案内文】
明神型石鳥居(岡崎市指定文化財)
寛永15年(1638)岡崎城主本多伊勢守忠利が菅生神社本殿を修復した際に寄進したもので、以後歴代岡崎城主の崇敬厚く幕末にいたる。明治34年(1901)社地の遷座にともない、石鳥居も移転された。総高271.0センチ、柱間181.5センチ、柱径22.5センチで、材質は花崗岩(青石)である。笠木は一本通し、柱には左右それぞれに刻銘を入れる。台石は自然石の周りを残し、上部を四角に造り出している。なお、柱表面の一部が剥離しているが、銘文は明確に読むことができる。
(左柱)「泰造立牛頭天王石之鳥居/寛永15戌寅年仲冬吉日良辰仰翼」
(右柱)「武明長興此柱礎斉堅固矣/従五位下本多伊勢守藤原忠利敬白」
平成2年3月22日指定

撮  影  日  平成22年11月
撮 影 場 所  康生町/地図
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)歴史の風景
この記事へのコメント
キノシタ さん こんばんわ

 ここ 三州 岡崎は、キノシタさんの言われるように 

歴史的な建築物 や 産業がたくさんありますね。

 例えばこの菅生神社 火祭りで有名な滝山寺 六所

神社 額田の獣追いの石垣が有名な ○ ○ 寺 etc

産業では、石やさんの石製品 花火 八帖味噌 お酒

醤油を造る醸造 仏壇 着物作り 神社仏閣でつかう和

蝋燭 和ちょうちん etc 

 ですよね 。

 京 奈良 の人に 「どこから 見えました ?」 「愛

知 の 岡崎です。」答えると みなさん 「???」 で

した。 そこで 「八帖みその岡崎からです。」と答えると

「 あ ぁ あの 八帖味噌の岡崎からですか 。」 と 

かえしてもらえました 。

 三州 岡崎は 京 奈良 ではあまり知られていませ

ん。

 先日の旅行の報告をかねて投稿しました。 
















    

   
   
  
Posted by poohsan at 2010年11月24日 19:47
こんばんはpoohsanさん

やっぱり、旅行でしたか体調でも悪くされたかと少し心配していましたよ(#^.^#)

京都にも岡崎はありますから「八帖みその岡崎からです。」と言うと理解してくれるのですね。

情報ありがとうございます。
Posted by シモン at 2010年11月24日 21:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。