› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 三河武士のやかた家康館

2010年12月23日

三河武士のやかた家康館


わがまち岡崎の固有の資産として特筆すべきは、やはり他都市が真似をすることのできない、徳川家康公生誕の地であるということ。そして、三河武士の起こった鎌倉時代との関係も深い、源氏嫡流である源頼朝と足利尊氏。この二人も岡崎とは大きな関わりを持っています。三河という国名のもととなったといわれる御河、「矢作川」のある岡崎は、鎌倉街道をはじめ、中世においても極めて重要な場所であり、 滝山寺と頼朝、承久の乱後の足利氏一族の拠点など、三河の武家文化の集積はとても豪華です。

【現地案内文】
この館は、徳川家康と、家康に仕えた三河武士たちの人間像を中心に、彼らを取り巻く時代の移り変わりや、数多くの史跡・文化財などを、楽しみながら理解していただく、歴史文化財の展示を主体とした施設です。
ここでは、三河武士の起こった鎌倉時代から、徳川家康が世を去るまでの420余年間を8テーマに分け、時代を追って紹介しています。歴史の地岡崎の探訪とあわせてご覧ください。

撮  影  日  平成22年11月
撮 影 場 所  康生町/地図
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。