› 岡崎いいとこ風景ブログ › デザイン › ほどよく調和する建築物群

2011年01月02日

ほどよく調和する建築物群



都市景観を形づくる要素としての建築物の外観(ファサード)のデザインを見ながら、まち歩きをすると、個々の建築物のデザインはもとより、その周辺との関係性を意識することとなります。
写真の「245」の建物から続く建築物群は、「壁面の位置」、「窓の位置」、「壁面の素材」、「色彩」がほどよく調和しています。

「ほどよく調和する」とは、全く同じデザインということではなく、個々の建築デザインは異なりながらも、全体として一体感が保てる範囲内でまとまっている状態のことです。

「245」の建物のファサードのデザインは、とてもクールでハイセンスなこだわりを感じさせます。

撮  影  日  平成22年12月
撮 影 場 所  康生通/地図
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(デザイン)の記事画像
きのどうぶつたち@おかざき世界子ども美術博物館
designers chair collections(デザイナーズコレクション展@シビコ6F)
藤川案内サイン
りぶらのお堀通り
りぶらのお城通り
芸術の秋、アート&ジャズ
同じカテゴリー(デザイン)の記事
 きのどうぶつたち@おかざき世界子ども美術博物館 (2017-06-16 13:03)
 designers chair collections(デザイナーズコレクション展@シビコ6F) (2017-06-14 12:47)
 藤川案内サイン (2013-06-20 08:30)
 りぶらのお堀通り (2013-02-18 08:30)
 りぶらのお城通り (2013-02-08 08:30)
 芸術の秋、アート&ジャズ (2012-11-07 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)デザイン
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。