› 岡崎いいとこ風景ブログ › 自然の風景 › 桜風景を育む

2011年03月30日

桜風景を育む



乙川の桜を愛でる日も近くなってきました。
乙川沿いを散歩していると、あることに気づきました。
乙川では、桜の風景をつくり、まもり、はぐくむために、いろいろな取り組みがされているようです。
若木を植樹したり、枝を支える添え木が施してあったりと・・・。

春の桜の時期になると、その桜並木が続く乙川の景観は大変、華やぎ、誇りの持てる景観ですが、こうした景観づくりの取り組みがあってこそ、もうすぐ満開の桜を愛でることができるんですね。

撮  影  日  平成23年3月
撮 影 場 所  康生通南/地図
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(自然の風景)の記事画像
葵桜
素敵な虹が出てました@六名公園
東公園の紅葉
藤川の田んぼアート
むらさき麦まつり開催迫る
岡崎の葵桜
同じカテゴリー(自然の風景)の記事
 葵桜 (2017-09-14 12:00)
 素敵な虹が出てました@六名公園 (2017-06-12 17:23)
 東公園の紅葉 (2015-12-13 18:23)
 藤川の田んぼアート (2015-07-31 08:30)
 むらさき麦まつり開催迫る (2015-05-13 08:30)
 岡崎の葵桜 (2015-03-20 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(1)自然の風景
この記事へのコメント
こんばんはキノシタさん

人々の「桜への思いやり」を感じます。そして1枚目の切り株は若木の親にも先輩にも見えます。

今は切り株だけが残っておりますが若木がしっかり根付き成長するまで、斜面に根を張り巡らせ

子供とも後輩とも思える若木を守っているようです。
Posted by シモン at 2011年03月30日 22:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。