› 岡崎いいとこ風景ブログ › くらしの風景 › 文学に見る風景③「時刻表2万キロ」

2011年09月22日

文学に見る風景③「時刻表2万キロ」

今回は、宮脇俊三の「時刻表2万キロ」 (角川文庫、1984年11月初版発行)です。国鉄(当時)全線完乗を目指す著者は、開通後間もない岡多線(現在の愛知環状鉄道線)に乗車すべく岡崎を訪れました。

同書の116頁に、「岡崎の駅は市街の中心部から四キロほど南にあるので、岡多線の電車は、しばらく走ってから岡崎城跡の繁みや復元天守閣を右に見る。矢作川を渡ると北野桝塚で、左手に広大な自動車の輸送基地があり、乗用車を八台ずつ積んだ二段式の貨車が延々と連なり並んでいる。(中略)最近の新線は道路とは立体交差で建設されるから、平野部では高架になる。乗っていると新幹線が徐行しているような錯覚をおぼえる」、とあります。


鉄道線の高架から遠くに臨む岡崎城は、目線がほぼ水平になり、また違った味わいがあります。写真は愛環鉄道・中岡崎駅ホームから撮影したものです。


ちょっと大げさな新幹線の比喩を知ってか知らずか、列車はゆっくりと街中を行き来します。写真は、大門駅を出て矢作川鉄橋に向かう列車の風景です。

撮影日  平成23年9月12日、15日
撮影場所 愛環鉄道・中岡崎駅および矢作川鉄橋付近
投稿者  岡崎エクスプローラー

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!


岡崎市景観計画案はこちら





同じカテゴリー(くらしの風景)の記事画像
岡崎公園の藤棚
ねぶくろシネマ in 岡崎
なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント
岡崎公園の早咲き桜三景
やはぎの里まつり
矢作川河川敷の風景
同じカテゴリー(くらしの風景)の記事
 岡崎公園の藤棚 (2018-04-23 13:17)
 ねぶくろシネマ in 岡崎 (2018-04-23 13:05)
 なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント (2017-04-21 09:53)
 岡崎公園の早咲き桜三景 (2017-03-31 11:56)
 やはぎの里まつり (2016-10-06 10:40)
 矢作川河川敷の風景 (2016-07-13 09:18)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(3)くらしの風景
この記事へのコメント
岡崎エクスプローラーさん、こんにちは。

「岡多線」。

懐かしい響きですね。
高架部は新幹線の徐行・・・という表現が共感できます。

写真にあるように、
通勤通学の人たちにとっても、岡崎城の眺めは格別ですね。
Posted by キノシタ at 2011年09月23日 08:19
高架線からの市内展望は、最高に気分がよくまさに上からマリコみたいです。
Posted by さかきばら at 2013年11月18日 09:45
高架線からの市内展望は、最高に気分がよくまさに上からマリコみたいです。
Posted by さかきばら at 2013年11月18日 09:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。