2011年09月26日

慈光寺



慈光寺(じこうじ)は、8世紀に入り、青野の里に村落が形成される頃、聖徳太子の創建と伝えられ、「碧海精舎慈悲光明寺(じひこうみょうじ)」として慈光寺を建立したといわれています。その後、天台宗2代目慈覚大師が再建、天台宗の子弟の道場として繁栄し、七堂伽藍の立派な寺になり三河7ヶ寺の一つになりました。第31代浄信が、親鸞上人の説教を聞いて真宗念仏の行者となり、浄土真宗念仏道場に改めこの寺の開基となられ、現在の本堂は、寛文11年(1671)に建立したものです。山門横にある銀杏は、樹高が12m、根回り6mで樹令約200年と推定され、市の「ふるさとの名木」に指定されています。

織田信長の本願寺攻めに参戦し、討ち死にした40代住職教寿(きょうじゅ)は、家康と姻戚にあたり、駿府より賜った木像や東照公廟があります。岡崎観光きらり百選。

道路に面する風格ある表構えは、地域の景観の顔となっています。

撮影日  平成23年9月
撮影場所 下青野町/地図
投稿者  キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!


岡崎市景観計画案はこちら





同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。