2011年10月16日

茶畑


わがまち岡崎にも茶畑が広がるところがあります。
額田地区の石原では額田茶(宮崎茶)の茶畑の風景が見られます。
標高200〜300メートル。朝露があり、昼と夜の温度差が大きいため、茶の生産に適しているとか。

「岡崎産のお茶」。

生産地を知り、その風景を見たら・・・味わってみたくなりました。。

撮影日  平成23年9月
撮影場所 石原町
投稿者  キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!




同じカテゴリー(里山の風景)の記事画像
木陰
三ツ又群生
桜形の霊水(さくらがたのれいすい)
天恩寺とその近辺
ススキとトンビ
茅葺屋敷へ
同じカテゴリー(里山の風景)の記事
 木陰 (2014-03-19 08:30)
 三ツ又群生 (2014-03-14 08:30)
 桜形の霊水(さくらがたのれいすい) (2014-02-03 08:30)
 天恩寺とその近辺 (2012-11-27 08:30)
 ススキとトンビ (2012-10-12 18:16)
 茅葺屋敷へ (2012-10-11 20:56)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)里山の風景
この記事へのコメント
額田のおとなり豊田市下山地区でお茶作っている者です

宮崎園さんの茶園立派ですね~

周りの緑にも癒やされますね
Posted by 夢農人いしかわ at 2011年10月17日 18:00
夢農人いしかわさん、コメントありがとうございます。

かまぼこ型の茶畑と周りの山々の緑。

澄んだ青い秋空によく映えます~

こういう生業の風景に、ふと生産者のこだわりが感じられるような気がします。
Posted by キノシタ at 2011年10月18日 08:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。