› 岡崎いいとこ風景ブログ › くらしの風景 › 松應寺横丁にぎわい市

2012年01月20日

松應寺横丁にぎわい市

中心市街地の北のはずれの住宅地に突如現れる木造アーケード。足を踏み入れると、昔の懐かしい暮らしぶりが滲み出る路地空間や、アーケードを支 える家屋が寄り添いあって連なり、その先には由緒ある松應寺の本堂・・・。

そこには 昭和の時代からそのまま時を止めたようなまちなみが静かに佇んでいます。

松本町――かつては花街として栄えたこのまちも、今ではすっかり人気(ひとけ)が少なくなり、空き家も増え、建物の老朽化も進んでいます。

現在、地元の方々が中心となって、松本町に活気を取り戻すための活動が動き出しています。

その一環で、11月26日(土)に開催された「第1回 松應寺横丁にぎわい市」は、地域住民、小学校PTAを含む25ブースの出店や、松本町子 供連、和太鼓チーム響などの演奏など、松本町住民が核となってさまざまな力が結集し、来場者1,000名を数える大盛況の催しとなりました。


地元の誇る「和太鼓 響」によるにぎわい市の幕開け。


普段は心寂しいレトロな風情漂う参道のアーケードに、そこかしこで人だかりが。


息もぴったり。松本町子供連のお囃子披露。

次回の「にぎわい市」は3月25日(日)に開催予定です。

これまでの松應寺の記事はこちら

撮影日  平成23年11月26日
撮影場所 松應寺界隈@松本町/地図
投稿者  amachin

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(くらしの風景)の記事画像
なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント
岡崎公園の早咲き桜三景
やはぎの里まつり
矢作川河川敷の風景
なのはな遊歩道に鯉のぼり
なのはな遊歩道 冬景色から春へ
同じカテゴリー(くらしの風景)の記事
 なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント (2017-04-21 09:53)
 岡崎公園の早咲き桜三景 (2017-03-31 11:56)
 やはぎの里まつり (2016-10-06 10:40)
 矢作川河川敷の風景 (2016-07-13 09:18)
 なのはな遊歩道に鯉のぼり (2016-04-14 14:03)
 なのはな遊歩道 冬景色から春へ (2016-03-17 21:44)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)くらしの風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。