› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 雨山六人衆(あめやまろくにんしゅう

2012年06月07日

雨山六人衆(あめやまろくにんしゅう

「ふるさと読本ぬかた」というテキストを額田中学校ホームページで見つけました。内容は小学生3・4年生向け「社会科副読本」という位置づけと「総合的な学習にも対応する学習読本」そして「額田町民のための生涯学習読本」にもなるよう編集されたものです。従って写真、イラスト、資料が使われて大変読みやすいです。
私はテキストの中の「雨山村の人々が六人衆の墓石と位牌を作り、『雨山六人衆』として供養していくことにした」ことに感動して、ぜひ私もお墓参りをさせて頂こう思い立ちました。


初めまして和吉さん、清一さん、又吉さん、政吉さん、政蔵さん、銀蔵さん、後輩の市民です。
今日はぜひお参りさせて頂きたくやってまいりました。「ふるさと読本ぬかた」には6人全員が取り調べの前に牢屋で病死とされていますが真実ですか?
時代劇を良く見る私には正座している皆さんの膝の上に石が積まれ青竹で殴られているシーンが浮かびます。皆さんは無念の死を遂げたのではないですか?
雨山六人衆 <http://www.oklab.ed.jp/zemanjyo/furusato/4-4-5.htm>の皆様に現在の状況を報告致します。個の悪い役人はほぼ一掃されておりますのでご安心下さいませ。組織の問題の悪は一般的には許認可で時間がかかることです。
事例を挙げれば三橋さんが乙川左岸の景観を向上させようと葵桜(河津桜)を植樹しようとした時は、すったもんだの末、平成13年(2001)にやっと認可しました。

良い事は庶民でも難関試験に合格して採用されればお役人さまになれて、ふるさとに貢献できる世の中となりました。またお役所がホームレスの方を救う為に、ある公園の男子トイレに張り紙をするような時代にもなりました。

現代のお役人さん=都市計画課は「岡崎いいとこ風景ブログ」を立ち上げ市のホームページから離れて「やわらかい」ブログを作っております。
本来ならば、広報課、観光課、社会教育課、商工労政課が主幹でもよさそうなこのブログを都市計画課が「市のPR」「市の観光」「市の歴史、文化」「市の商業」をも取り入れ景観法に基づき「景観学習」という項目で市民へ啓蒙、啓発、周知を行い、景観に対して理解、協力を得ようとしています。

六人衆の皆様に置かれましては不条理な人生を終え怨みもございましょうが、お役人さんも庶民と良い関係を持ち始めようとしておりますのでどうか怨霊 <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A8%E9%9C%8A>
にはならず極楽浄土から後輩市民と現代のお役人さんの様子をご覧下さいませ。

*額田中学校 <http://www.oklab.ed.jp/nukata>
*ふるさと読本ぬかた <http://www.oklab.ed.jp/zemanjyo/furusato/index.html>

撮影日  平成24年6月2日
撮影場所 雨山町
投稿者  シモン

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。