› 岡崎いいとこ風景ブログ › 産業の風景 › 駒立のぶどう園

2012年07月19日

駒立のぶどう園

愛知県では第20回愛知まちなみ建築賞の作品を募集中です。
詳細はこちら




岡崎駒立ぶどう狩り組合は発足から50年が経ったそうです。組合は柴久園、ヤマサ園、山岡果園、マル京果園、常果園、幸果園、マルタ園の7つの園で構成されておりそれぞれがぶどう狩りの他にもバーベキューやピザ窯があってピザを焼けたり、川遊び、プールなどいろんなアウトドア遊びがあって独自色を出しています。
7月20日からは4つの園でビニールハウスのデラウェアー狩がスタートで8月1日からは全園で本格スタートです。お出かけの際は各園のホームページにある特別割引券を忘れずに!

写真上部右側のぶどうが歯抜けになっているのは私が来園する前にヒヨドリが立ち寄りつまみ食いをしていったそうです。カラスはしっかり追い払えばもう来ないそうですがヒヨドリは毎日来園するので対応に苦慮しているそうです。

今日の仕事が終わりほっと一息の柴久観光農園

岡崎駒立ぶどう狩り組合



撮影日  平成24年7月15日
撮影場所 駒立町
投稿者  シモン

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(産業の風景)の記事画像
八帖探索!
産業遺産のある風景 (岩津水力発電所)
夏の八帖
産業遺産を見てきました(ガラ紡績水車)
秋の六供配水場
石工団地
同じカテゴリー(産業の風景)の記事
 八帖探索! (2015-04-08 13:43)
 産業遺産のある風景 (岩津水力発電所) (2013-12-20 08:30)
 夏の八帖 (2013-07-11 08:30)
 産業遺産を見てきました(ガラ紡績水車) (2013-05-30 08:30)
 秋の六供配水場 (2012-11-05 08:30)
 石工団地 (2012-09-10 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:54│Comments(1)産業の風景
この記事へのコメント
ぶどうがおいしい時期になると、山里にも賑わいがあります。昭和時代には東岡崎~駒立間の名鉄バス路線がありました。その後マイカーが主力で、乗客があまりなく姿を消しました。定期時代は梅園~真福寺~駒立で、不定期臨時便は康生町~真福寺~駒立間で運転していました。
Posted by さかきばら at 2013年11月19日 19:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。