› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 通り名のある風景(東海道・藤川宿)

2012年09月11日

通り名のある風景(東海道・藤川宿)

当ブロクでは、これまでに藤川宿に関する多くの情報や風景が紹介されてます。私も遅ればせながら、残暑厳しい日の午後に藤川宿の通りを散策しました。
今回の通り名のある風景は藤川宿の通り、通りの名前はもちろん東海道です。

通り名のある風景(東海道・藤川宿)
最初の写真は、藤川宿の東端にある東棒鼻(ぼうばな)の風景。棒鼻とは、宿場の境界を示す目印です。東棒鼻の風景は、広重の東海道五十三次・藤川宿の浮世絵に描かれてます。

通り名のある風景(東海道・藤川宿)
東棒鼻の近くに東海道の道路標示がありました。ここから左手奥(西の方角)に藤川宿が続きます。

通り名のある風景(東海道・藤川宿)
藤川宿は約1㎞の長さがあったそうですが、かなりの部分は直線で、先が見通せます。また、道幅は現在も昔と変わらないそうです。東海道は江戸時代の大幹線道路ですが、現代感覚ではかなり狭い感じがします。

通り名のある風景(東海道・藤川宿)
宿場の中ほどに案内板と石柱があり、疲れた足を休める腰掛けなどもあります。写真の左手に見える白壁は、脇本陣跡です。現在は藤川宿資料館となっており、無料で観覧できます。

通り名のある風景(東海道・藤川宿)
藤川宿の西棒鼻は、現在の藤川小学校の前にあります。校舎には、ロンドンオリンピック・アーチェリー女子団体で銅メダルを獲得した、同校出身の蟹江選手をお祝いする垂れ幕が下がってました。

通り名のある風景(東海道・藤川宿)
藤川宿を出た西の東海道に、現在もまとまった松並木が残ってます。
写真は、並木の西のはずれから東方向を見た風景で、整った松並木が美しく昔をしのばせます。この松並木は岡崎市指定文化財(天然記念物)に登録されてます。


撮影日  平成24年9月5日
撮影場所 藤川町
投稿者  岡崎エクスプローラー

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
通り名のある風景(東海道・藤川宿)



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
6月2日 岡崎百景の会おでかけツアー「悠紀斉田お田植えまつり」開催のお知らせ
能見神明宮大祭がありました
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 6月2日 岡崎百景の会おでかけツアー「悠紀斉田お田植えまつり」開催のお知らせ (2019-05-29 10:30)
 能見神明宮大祭がありました (2019-05-27 09:00)
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。