› 岡崎いいとこ風景ブログ › くらしの風景 › 乙川の景観@吹矢橋から明代橋

2012年11月18日

乙川の景観@吹矢橋から明代橋

見る場所がどんどん変わり、それに応じて、見え方も変わる河川や道路の景観は、「シークエンス景観」、「連続景観」と言われます。
乙川は岡崎市の中心部を流れる身近な河川で、その幅や蛇行感が程良いスケールで生活に潤いを与えてくれています。
そして、河川の幅や深さもまたバランス良く、まちなかにあって、絶好の眺望を楽しめる場所でもあります。
今回は乙川の左岸、吹矢橋から明代橋まで、乙川の景観を紹介します。

吹矢橋公園横から見た景観。岡崎城が見えます。河川沿いの樹々も紅葉しています。


写真左側の道沿いを東岡崎駅方面へ向かいます。自動車は進入禁止です。大きく蛇行することで奥行きを感じる下流方向、モダンなデザインの明代橋と岡崎城に視線が釘付けです。


対岸には岡崎信用金庫の社屋が樹々越しに見えます。低彩度の落ち着いた色合いは、周辺の景観を乱す印象は受けません。


この辺りから岡崎城は見ることができなくなりました。視線の先は、中心市街地の東岡崎や康生方面、高層建築物が林立する都市の景観です。


道幅も狭くなってきました。河川の線形もS字に蛇行し、さらに奥行きを与え、明代橋越しに、殿橋が見えるようになります。


ここで後方を見ますと、吹矢橋と乙川の水面が鏡のように市街地を写す景観。
高層の建築物が林立していますが、建物の高さがほぼ統一されているように見えていて、突出している印象は受けません。


明代橋が近づいてきました。

乙川の景観は、ひとつの景観ということはなく、私たちが移動することで、変化するものです。吹矢橋から明代橋までの乙川は、大きく蛇行していることもあって、とても変化に富んだ連続景観を楽しむことができます。

撮影日  平成24年11月
撮影場所 吹矢町〜明大寺本町
投稿者  キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(くらしの風景)の記事画像
岡崎公園の藤棚
ねぶくろシネマ in 岡崎
なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント
岡崎公園の早咲き桜三景
やはぎの里まつり
矢作川河川敷の風景
同じカテゴリー(くらしの風景)の記事
 岡崎公園の藤棚 (2018-04-23 13:17)
 ねぶくろシネマ in 岡崎 (2018-04-23 13:05)
 なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント (2017-04-21 09:53)
 岡崎公園の早咲き桜三景 (2017-03-31 11:56)
 やはぎの里まつり (2016-10-06 10:40)
 矢作川河川敷の風景 (2016-07-13 09:18)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)くらしの風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。