› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 江戸時代末ころの大樹寺

2013年02月16日

江戸時代末ころの大樹寺



現在の大樹寺小学校敷地には、たくさんの大樹寺塔頭がありました。本堂・三門・総門をつなぐビスタラインの両側に塔頭が並んでいたようすが分かります。総門前の鴨田8区は門前村と呼ばれていました。三門の左手にある開花院に明治6年(1873)にできた広元学校が大樹寺小学校の始まりです。本校は開校140年目を迎えました。


投稿者  大樹寺小学校・都市計画課

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!




同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。