› 岡崎いいとこ風景ブログ › 景観学習 › 藤川とむらさき麦

2013年03月07日

藤川とむらさき麦

2月27日にむらさきかんにて、藤川まちづくり協議会主催の第4回藤川塾「藤川とむらさき麦」フォーラムが開催されました。
現在、道の駅等にてうどんやクッキーなど様々な商品に活用されているむらさき麦ですが、藤川におけるむらさき麦ってどういう経緯で現在に至るんだろう、現在、どのような人たちがどんな思いで関わっているんだろう、今後のお互い連携してどんなことができるだろう、そんなことを話し合う会でした。


第一部、鈴木忠氏による講演
かつて、松尾芭蕉により「ここも三河 むらさき麦の かきつはた」と詠まれた歴史にはじまり、平成6年の栽培の復活、そして現在の活用の広がりまでを聞くことができました。
藤川で育てているむらさき麦は5品種あるって知っていましたか。

第二部は4名のパネリストによるディスカッション。
「むらさき麦をとおして、まちづくりにかかわるきっかけとして欲しい、まちが元気になって欲しい」、「こどもが誇れるふるさとづくりをしたい」など、それぞれむらさき麦に対する、またはその活動をとおした藤川のまちへの熱い想いが、とても伝わる素晴らしいフォーラムでした。

ちなみにむらさき麦が色づくのは5月中旬ごろ。
その時期にはこのような景色が広がります。



撮影日  平成25年2月
撮影場所 藤川町
投稿者  都市計画課

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!




同じカテゴリー(景観学習)の記事画像
中学生の歴まち巡り
旧石原家住宅にて親子文化教室開催!
藤川宿米屋に三和土の土間が復活!
想い石
静かなアーケード街にて
な…なんか一体化している…!?
同じカテゴリー(景観学習)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 旧石原家住宅にて親子文化教室開催! (2015-08-25 19:24)
 藤川宿米屋に三和土の土間が復活! (2015-02-09 08:30)
 想い石 (2013-12-26 08:30)
 静かなアーケード街にて (2013-12-10 08:30)
 な…なんか一体化している…!? (2013-12-09 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)景観学習
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。