› 岡崎いいとこ風景ブログ › 都市の風景 › 乙川の殿橋下流の夜の景色が変わります。

2016年03月23日

乙川の殿橋下流の夜の景色が変わります。



 これまで夜の乙川は、暗い河川空間となっていましたが、乙川リバーフロント地区整備事業により、乙川プロムナードの照明、乙川右岸の殿橋下流の河川敷の太陽光発電による遊歩道の照明、さらに乙川を彩る殿橋のライトアップ施設が整備され、光の濃淡がある魅力的な河川空間となります。また、この時期、桜まつりのぼんぼりや桜の木の照明もあり、さらに魅力的となります。

 殿橋は、乙川に架かる橋として、昭和2年7月から供用を開始し、現在もほぼそのままの形を残し、公益社団法人土木学会から近代土木遺産として確認されています。その多柱式橋脚の織り成す美しさをフルカラーのLED照明設備の設置により、さまざまな表情に演出をし、上質な水辺の夜間景観形成や岡崎の更なる魅力の向上を図り、風格ある岡崎に欠かせない新たな景観の創出に寄与します。
 
 今後、乙川で行うイベントでは様々な演出照明を行う予定です。

1 殿橋のライトアップの点灯式の開催

・日時平成28年3月25日金曜日18時30分から(少雨は開催します。)
・場所県道岡崎幸田線殿橋右岸下流(康生町)
・内容 開会のあいさつ
    市長あいさつ
    点灯
    スペシャルライトアップ(ライトアップのパターンの解説)
    閉会のあいさつ

2 今後の照明の状況について

・殿橋のライトアップ
 日没から22時まで(毎日)
 (25日、桜まつり期間中は乙川の四季をイメージしたライトアップを行います。)
・乙川プロムナード
 日没から22時まで(毎日)
(足元を照らすライトは22時で消灯。照明柱は、朝まで点灯しています。)
・乙川河川敷の照明
 日没後自動点灯・日出後自動消灯(充電が不十分な場合は夜間でも消灯)
・桜まつりの照明
 18時から22時まで(4月15日まで点灯予定)

3 その他

明代橋のライトアップ開始は、平成28年4月末以降を予定しています。
イベント以外では、殿橋のライトアップは暖色の照明のみとなります。
LED照明設備の設置により、一般的な水銀灯などの照明設備より、消費電力が約四分の一に削減されます。

<各照明関連の工事請負費>
・殿橋ライトアップ: 6490万8000円
  桁側面フルカラーLED 30W 66基
  橋脚下フルカラーLED 50W 44基
  親柱ローソク色LED 4基
・乙川プロムナード:1億8940万3920円(道路整備工事費等含む)
  ポール型照明7基
  ベンチ型照明15基
・乙川河川敷:1億4583万1000円(遊歩道工事費等含む)
  埋め込み式LED 540基
  ボラード式LED 101基
・桜まつり照明:1585万2320円(乙川・伊賀川の照明配線・保守点検業務費)
  白熱電球100W 921灯
  60W 549灯(ぼんぼり用)
  投光器200W 8基
  1000W 19基

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ



同じカテゴリー(都市の風景)の記事画像
春〜初夏あれこれ(その1)
水辺で乾杯
夕焼け@中池
今日は夏至の日ライトダウンキャンペーン@殿橋
岡崎公園の早咲き桜三景
春が来た!!
同じカテゴリー(都市の風景)の記事
 春〜初夏あれこれ(その1) (2017-08-07 12:37)
 水辺で乾杯 (2017-07-07 20:23)
 夕焼け@中池 (2017-06-21 18:40)
 今日は夏至の日ライトダウンキャンペーン@殿橋 (2017-06-21 17:48)
 岡崎公園の早咲き桜三景 (2017-03-31 11:56)
 春が来た!! (2016-03-07 10:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)都市の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。