› 岡崎いいとこ風景ブログ › 眺望の風景 › 名鉄と乙川の夕陽

2009年02月28日

名鉄と乙川の夕陽


岡崎公園の隣にある市民の憩いの場、乙川。
その菅生川橋梁を夕陽を浴びながら渡る名鉄の車両。

撮 影 日  平成21年1月25日
撮影 場所  乙川(岡崎公園前)(康生町)/ 地図
投 稿 者  明るい朝

岡崎のいいところを紹介しあいませんか!
散歩の途中にいいなと思った景色やお祭りなど、
あなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(眺望の風景)の記事画像
吹矢橋公園の細かな仕掛けに驚いた
岡崎・高みの風景(その8)
岡崎・高みの風景(その7)
岡崎・高みの風景(その6)
大樹寺を訪れる人増加中!?
岡崎大橋からの眺め
同じカテゴリー(眺望の風景)の記事
 吹矢橋公園の細かな仕掛けに驚いた (2018-04-17 03:15)
 岡崎・高みの風景(その8) (2013-12-04 08:30)
 岡崎・高みの風景(その7) (2013-10-24 08:30)
 岡崎・高みの風景(その6) (2013-10-17 08:30)
 大樹寺を訪れる人増加中!? (2013-09-12 08:30)
 岡崎大橋からの眺め (2013-06-25 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)眺望の風景
この記事へのコメント
名古屋方面から帰岡する際に、この鉄橋から岡崎城と乙川を眺めると、「あ~岡崎に帰ってきた~」と感じますが、「見る・見られる」の関係にある反対側から見るこの夕景も郷愁を感じますね。

この電車のなかにも、夕陽のあたる岡崎城を眺めながら「あ~帰ってきたな~」と思う、「ほっとしている岡崎人」がたくさんいるんでしょうね。
Posted by キノシタ at 2009年02月28日 10:22
この名鉄菅生川橋梁についての記事が「東海愛知新聞(3月4日)」の「岡崎の近代化遺産」に掲載されています。「普段何気なく見ている風景の中にも、日本の近代化に貢献し今なお活躍している」とあり、そういう視点で今度見てみようと思います。
Posted by キノシタ at 2009年03月04日 09:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。