2009年04月19日

古墳




五十狹城入彦(いさきいりひこ)皇子御墓とされる前方後円墳。
道路側溝が参道石碑を迂回しています。
古代と現代の調和を感じさせますね。

この古墳の南東300メートルに、五十狹城入彦皇子を祭神とする和志取神社があります。
秋の勤労感謝祭では、甘酒祭が今日まで伝承されています。  

日本武尊(ヤマトタケル)は有名ですが、
なんと…五十狭入城彦皇子は異母兄弟にあたるようです。

撮 影 日  平成21年4月
撮影 場所  西本郷町/地図
投 稿 者  りっちゃん

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(1)歴史の風景
この記事へのコメント
現代のまちの暮らしではなかなか気づきませんが、
少し離れた神社と古墳が実はつながっているんですね。
Posted by 都市計画課 at 2009年04月22日 13:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。