› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 北野廃寺跡②

2009年06月11日

北野廃寺跡②


7世紀後半の白鳳時代に豪族の氏寺として建立されたこの寺院は、東西126.5メートル、南北146メートルの土塁が四方にめぐり、中央に南から塔、金堂、講堂が一列に並ぶ四天王寺式の伽藍配置である。

主要堂塔のうち塔は法隆寺五重塔に匹敵する大きさであるのに、金堂が小規模であるのは、釈迦を供養する塔中心の初期仏教思想のあらわれであろうか。

出土遺構には、高句麗様式の古瓦をはじめとして、堂塔の壁面を飾った塼仏(せんぶつ)、瓦塔、銅製の磬形垂飾(けいがたすいしょく)、緑釉(りょくゆう)陶器や灰釉陶器など優れたものが多い。

大陸渡来の文化と土木、建築、工芸などの新技術を結集したこの寺院は、豪族権力の象徴であるとともに、矢作川流域に最初に開花した仏教文化の拠点として役割をはたしたことであろう。


元気この場所に立って想像してみませんか?
この広大な空間に、三河山地の山並みを背に塔がそびえる様を。
仏教文化の象徴として、さぞや神々しかったことでしょうね。

現代の暮らしの風景のなかで、今もこの北野廃寺の遺構はしっかりとその歴史を刻んでいます。

撮 影 日  平成21年5月
撮影 場所  北野町/地図
投 稿 者  都市計画課

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。