› 岡崎いいとこ風景ブログ › くらしの風景 › 二宮金次郎

2009年06月20日

二宮金次郎


岡崎の小学校に通われたことがある人ならおそらくみなさんご存知の「二宮金次郎」の像です。
戦前には全国の小学校にもたくさんあったとか。

どういういきさつや由来があったのでしょうか。

説によると、明治天皇が金次郎の伝記に感動し、皇居に像を設置したことから始まるとか。
金次郎といえば、「勤勉倹約」の鏡。全国の小学校への設置は、またたく間に広がりを見せたそうです。

「全国に広めたのは、実は岡崎の石屋さん」びっくり

ということはあまり知られていません。幸田露伴の本の挿絵にある絵をもとに石像として積極的に売り出したそうです。
みなれた金次郎像ですが、岡崎由来の像と知ると見方が変わりますし、愛着もわきますね。

撮 影 日  平成21年5月
撮影 場所  藤川町/地図
投 稿 者  キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(くらしの風景)の記事画像
なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント
岡崎公園の早咲き桜三景
やはぎの里まつり
矢作川河川敷の風景
なのはな遊歩道に鯉のぼり
なのはな遊歩道 冬景色から春へ
同じカテゴリー(くらしの風景)の記事
 なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント (2017-04-21 09:53)
 岡崎公園の早咲き桜三景 (2017-03-31 11:56)
 やはぎの里まつり (2016-10-06 10:40)
 矢作川河川敷の風景 (2016-07-13 09:18)
 なのはな遊歩道に鯉のぼり (2016-04-14 14:03)
 なのはな遊歩道 冬景色から春へ (2016-03-17 21:44)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)くらしの風景
この記事へのコメント
こんばんは。

懐かしい像ですね。

出身は関東ですが、小学校にありました。
でも向こうは銅像だったような記憶があります。

石像とは岡崎らしいですね。
Posted by 明るい朝 at 2009年06月21日 00:00
明るい朝さん、コメントありがとうございます。

銅像タイプもあるのですね。
素材や形などいろいろなタイプがあり、
皆さん、この景色には、いろいろな思い入れがあるのでしょうね。
Posted by 都市計画課 at 2009年06月22日 08:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。