› 岡崎いいとこ風景ブログ › 都市の風景 › 矢作橋②

2009年07月16日

矢作橋②


現在、矢作橋の架け替え工事が行われています。
矢作橋は、慶長6年(1601)に土橋として架けられました。
川への架橋がむやみにできなかった江戸時代では日本最長の大橋(日本一)であり、来日していた外国人のシーボルトは、そのヒノキとケヤキの秀麗な橋を賞賛し、母国まで報告していたと言われます。現在は国道1号の橋として、昔も今も変わらず、日本の大動脈として活躍し、新橋建設の進捗も進み、現在、写真にあるように橋脚がダブルの景色が望めます。

撮 影 日  平成21年6月
撮影 場所  矢作町/地図
投 稿 者  都市計画課

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(都市の風景)の記事画像
梅の回廊
東公園の紅葉
花火大会
今日の乙川の風景
春〜初夏あれこれ(その2)
春〜初夏あれこれ(その1)
同じカテゴリー(都市の風景)の記事
 梅の回廊 (2017-09-15 12:00)
 東公園の紅葉 (2017-09-14 18:00)
 花火大会 (2017-09-14 08:47)
 今日の乙川の風景 (2017-09-02 16:26)
 春〜初夏あれこれ(その2) (2017-08-18 12:00)
 春〜初夏あれこれ(その1) (2017-08-07 12:37)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)都市の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。