› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 菅生神社

2009年07月23日

菅生神社


岡崎公園の東、殿橋北西に岡崎最古といわれる神社が鎮座しています。
ここ菅生神社は、8月の花火で有名です。今年は8月1日。現在、神社内の桟敷をはじめ、河川敷にも桟敷が建設されていることでしょう。菅生祭鉾船神事(岡崎夏祭共催)として、江戸時代から始まったという奉納花火の伝統を継承しています。
花火のなかでも金魚花火。祐金町が発祥とも言われ、全国的にも珍しい花火。

水中に投げられた筒から赤や緑などの光が、音を立てながら水面に広がる様子がまるで金魚が泳いでいるかのようなのでこの名がついたとのこと。岡崎の夏の風物詩であります。

撮 影 日  平成21年5月
撮影 場所  康生町/地図
投 稿 者  都市計画課

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
徳川家康公の建てた寺・随念寺
大樹寺見学!
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)
 徳川家康公の建てた寺・随念寺 (2015-07-03 08:30)
 大樹寺見学! (2015-04-17 15:35)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。