› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 大樹寺から岡崎城を望む歴史的眺望(ビスタライン)の景観特性①

2009年08月16日

大樹寺から岡崎城を望む歴史的眺望(ビスタライン)の景観特性①


大樹寺から岡崎城を望む歴史的眺望(ビスタライン)
岡崎市は、三河山地と三河平野の接合部を中心に市街地が形成されてきました。北の大樹寺と南の岡崎城を結ぶほぼ南北の線も山地と平野の接合部のひとつです。東側は台地上、西側は低地なのです。岡崎の名の由来も、「おかの先」といわれる所以です。大樹寺と岡崎城は、ともに台地上の先端部にあります。両者間は、窪んだ土地であるため、現在、市街化が進んだまちにおいても、眺望が可能です。とはいえ、もちろん、ライン上にお住まいの方々の建築物等の高さが、眺望に配慮されていることこそが、現在も眺望が守られていることの最大の理由です。

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。