› 岡崎いいとこ風景ブログ › 都市の風景 › 大樹寺から岡崎城を望む歴史的眺望(ビスタライン)の景観特性②

2009年08月17日

大樹寺から岡崎城を望む歴史的眺望(ビスタライン)の景観特性②


昨日のものを北側から見たもの。台地の先端ということは、尾張方面の供えの最先端でもあるということ。岡崎城や大樹寺がここにあるのも必然なのかもしれません。現に大樹寺の北、この写真では一番手前には砦跡がありました。この写真で緑色でない部分は、道路のグリッドや市街地密度からも判断できるように、ほとんどが区画整理によるまちで、昔は水田等が広がっていたのです。現在は、市街化が進み、このような「土地の記憶」を読み解くのはとても困難ですが、土地の歴史はしっかりと積み重ねられてきていることが分かりますね。

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(都市の風景)の記事画像
梅の回廊
東公園の紅葉
花火大会
今日の乙川の風景
春〜初夏あれこれ(その2)
春〜初夏あれこれ(その1)
同じカテゴリー(都市の風景)の記事
 梅の回廊 (2017-09-15 12:00)
 東公園の紅葉 (2017-09-14 18:00)
 花火大会 (2017-09-14 08:47)
 今日の乙川の風景 (2017-09-02 16:26)
 春〜初夏あれこれ(その2) (2017-08-18 12:00)
 春〜初夏あれこれ(その1) (2017-08-07 12:37)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)都市の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。