2009年10月07日

岡崎城


1542年(天文11年)に徳川家康がここで生まれ、今川氏での人質時代をはさんで、1570年(元亀元年)まで居城としていました。お城は、昭和34年に復元されたものです。 

撮 影 日  平成21年10月4日
撮影 場所  中岡崎町
投 稿 者  シモン 

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)歴史の風景
この記事へのコメント
シモンさん、いつも季節を感じる写真、楽しみにしています。
中秋の名月に浮かび上がる岡崎城…。

幻想的ですね。

日本のどのまちも天守があるわけではないので、

ランドマークやシンボルとしての岡崎城はとても大切ですね。
Posted by キノシタ at 2009年10月07日 09:27
私はキノシタさんと都市計画課さんの「景観を読み解く」を楽しみにしていますよ!

さて、岡崎城は見る「季節」や「時間帯」や「角度」によって「毅然としていたり」「恥ずかしそう」であったりまた「優しそう」「寂しそう」にも見えますよ。
時にはあの方角だと思っても見えない。アレー?と目を凝らして見れば、木やビルに隠れるという「オチャメ」でもあります。私も岡崎市のシンボルだと思います。
Posted by シモン at 2009年10月07日 19:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。