› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 鎌倉街道

2009年12月23日

鎌倉街道



鎌倉時代、三河の地は足利氏の有力な勢力基盤であり、後に足利尊氏は室町幕府を開きます。
岡崎の地は、武家社会ととてもゆかりの多い地であります。
左側の細い路が鎌倉街道と伝えられています(下段写真)。

撮  影  日  平成21年11月
撮 影 場 所  山綱町
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
徳川家康公の建てた寺・随念寺
大樹寺見学!
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)
 徳川家康公の建てた寺・随念寺 (2015-07-03 08:30)
 大樹寺見学! (2015-04-17 15:35)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)歴史の風景
この記事へのコメント
こんばんはキノシタさん。
岡崎市の歴史紹介では圧倒的に徳川氏(松平氏)関係が多い中で、「鎌倉街道の紹介」や「三河が足利氏の有力な勢力基盤」であったと聞きますと足利氏にも興味が沸いてきました。
私の人生、横道にそれてばかりですのでこの「左側の細い道」いつか歩くことになるでしょう。
Posted by シモン at 2009年12月23日 23:19
おはようございます。シモンさん。
岡崎市は現代社会において、中核都市へと進化してきたまちですが、数多くの歴史的舞台のまちでもあり、武家に関する物語は特に多いと聞いています。
現代の景色のなかにも、これらが感じられる手がかりがあります。
Posted by キノシタ at 2009年12月24日 08:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。