2009年12月28日

安心院


六所神社の東隣にある、カタバミの家紋の三河武士ゆかりの寺院。国宝の犬山城主の成瀬家(平成16年4月1日より犬山城の所有者は成瀬氏から犬山城白帝文庫に変わっています。)の菩提寺です。源義経の念持仏である十一面観音像を祀って浄瑠璃姫のために建立した妙大寺(明大寺町の語源となった寺)の旧跡となります。境内には寛政5年(1793)の松尾芭蕉百回忌の旅寝塚もあります。かつては七堂伽藍を備えた大寺だったそうで、今でこそ、寺の規模は小さいですが、六所神社と隣り合わせで、これだけの歴史の舞台となったこの地は、今でも多くの歴史を現代のまちとつないでいます。

撮  影  日  平成21年12月
撮 影 場 所  明大寺町/地図
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。