› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 武家ゆかりの満性寺

2010年10月28日

武家ゆかりの満性寺


おかざきは徳川家康公の生誕の地で有名ですが、室町幕府を開いた足利氏とも、とても縁の深い土地でもあり、武家文化のまちであります。
【現地案内板文】
1289年、親鸞聖人の孫弟子了専(りょうせん)が河内の国から三河に来て寺を建て、田生山(でんしょうざん)満性寺(まんしょうじ)と号したと伝えられます。その後、足利尊氏の開運祈願を受けたり、松平氏をはじめとする武士層の帰依を受け発展しました。1563年の一向一揆には、松平氏とのゆかりから家康方につきました。鎌倉末期の太子像や室町時代の仏画などを所蔵し、俳人鶴田卓池(たくち)の墓もあります。

撮  影  日  平成22年10月
撮 影 場 所  菅生町/地図
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
徳川家康公の建てた寺・随念寺
大樹寺見学!
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)
 徳川家康公の建てた寺・随念寺 (2015-07-03 08:30)
 大樹寺見学! (2015-04-17 15:35)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)歴史の風景
この記事へのコメント
写真は東泉寺でしょうか?
Posted by いかざこ at 2010年10月29日 23:20
いかざこさん、こんばんは。

ご明察のとおり、東泉寺です。
鐘楼の左奥に見えるのが満性寺です。

題目からすると適切な写真ではないのですが、
青空に東泉寺の鐘楼と松、奥の満性寺の瓦屋根という景観の構図がいいなと思いました。

国道1号と乙川に挟まれたこの辺りは、「鶴田卓池」や東泉寺の寺子といい、江戸時代には岡崎の文学をリードする地でもあったそうです。
Posted by キノシタ at 2010年10月30日 00:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。