› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 高宮神社

2009年12月29日

高宮神社


明治の開墾時、源義経が浄瑠璃姫の形見の麝香(じゃこう)を埋めたと言われる麝香塚の石がなくなるのを惜しみ、六所神社の大鳥居横の高宮神社石碑の礎石としたと言われています。「懸社 高宮神社」は、明治43年に六所神社、町内社とそれらの境内社を合祀しした際の神社名で、大正11年には再び、「六所神社」と改称されました。

撮  影  日  平成21年12月
撮 影 場 所  上明大寺町/地図
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!





同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。