› 岡崎いいとこ風景ブログ › 水と緑の自然の風景 › 法蔵寺のイヌマキ

2009年12月25日

法蔵寺のイヌマキ


岡崎市指定文化財 天然記念物
法蔵寺のイヌマキ
胸高囲2.44メートル、根囲4.67メートル、樹高12メートルに達する。
樹形がよく、手入れもよく行き届いている。
行基菩薩が当寺を開創した際に植えたといわれ、「行基の開山槙」と称されている。
昭和50年3月26日指定

撮  影  日  平成21年11月
撮 影 場 所  本宿町/地図
投  稿  者   都市計画課

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(水と緑の自然の風景)の記事画像
乙川ナイトマーケット
美保橋の下
岡崎公園の早咲き桜三景
春が来た!
春が来た!!
泰平の祈り
同じカテゴリー(水と緑の自然の風景)の記事
 乙川ナイトマーケット (2018-06-11 18:08)
 美保橋の下 (2018-05-28 19:38)
 岡崎公園の早咲き桜三景 (2017-03-31 11:56)
 春が来た! (2016-03-07 10:37)
 春が来た!! (2016-03-07 10:30)
 泰平の祈り (2016-01-05 13:26)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(1)水と緑の自然の風景
この記事へのコメント
こんばんは、私のイメージするイヌマキは「生垣としてのイヌマキ」や「庭木としての玉仕立てイヌマキ」です。
このイヌマキは自然樹形に近い形なのでしょうか12mとはさすがに大きく立派ですね。
Posted by シモン at 2009年12月25日 23:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。