› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 山中城址

2010年01月07日

山中城址



岡崎城主 西郷信貞の居城であったが、大永4年(1524)安祥に居城した松平清康の奇襲を受け、一夜にして落城した。
その結果、信貞は清康に属し、岡崎城を明け渡すこととなった。その後、駿河今川義元の西三河進出、徳川家康の東三河進出の拠点となった。この城跡は、標高196メートルの山頂の主郭を中心として、東、東北、西北に延びる尾根筋に曲輪を重ねた連郭式の構造で、東西400メートル、南北200メートルという県下最大級の規模をもつ山城である。この地方に現在残されている山城の中でも、その遺構をよくとどめており、貴重な史跡である。

史跡 山中城跡 指定面積:頂上部の565平方メートル
昭和37年6月15日指定 岡崎市指定文化財

岡崎観光文化百選(山中城址)
この地は、鎌倉街道と南海道に接する、重要な場所でした。西郷信貞は、ここに城を築き、東三河の守りを固め、西三河を制覇しようとしていました。しかし、松平清康(家康の祖父)に夜襲をかけられ落城してしまいました。信貞は清康を恐れ、和を求めて岡崎城もあけわたすことになります。三河地方最大規模の山城跡は、よく保存され、居館や曲輪跡から当時の山城のしくみを知ることができます。

写真中央が山中城址。中世の城址跡として歴史を伝えます。加えて周辺の農地とあいまって優れた里山景観を構成しています。

撮  影  日  平成22年1月
撮 影 場 所  羽栗町/地図
投  稿  者   都市計画課

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

景観計画策定作業の一環として、2月14日に景観まちづくりシンポジウムを開催します。参加希望の方は、岡崎市都市計画課ホームページより開催チラシをダウンロードし、お申し込みください。ご参加お待ちしております。
↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!




同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。