› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 岡崎城鬼門守護の甲山寺

2010年02月25日

岡崎城鬼門守護の甲山寺




鬼門」とは、北東の方位のことで、陰陽道において、鬼が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角とされています。岡崎城鬼門守護の甲山寺は、大同3年(808)伝教大師最澄上人が安城の地に創建。享禄3年(1530)松平清康公(徳川家康公の祖父)岡崎城に入城の折、日本武尊の由緒もあり、岡崎城の鬼門にもあたるこの地に鬼門守護として、安城の薬師堂並びに六坊を移転建立したものが甲山寺である。以来甲山寺は徳川幕府及び代々の岡崎城主の祈願寺として尊崇される。天文13年(1544)に松平広忠が和田村法性寺の六坊を移転、護摩堂を建て総本堂とし一山十二坊の寺院となった。慶長8年(1603)徳川家康公が本堂を再建、朱印地250石を寄進した。現本堂は元禄15年(1702)〜16年に五代将軍綱吉の命により再建されたものである。

岡崎城の鬼門を守護する「甲山寺」。

なにげない、くらしのなかに息づくお寺の景観ですが、「すべての景色には意味がある。」ように、岡崎市の守護神ともいえる要の地であります。

大樹寺と日光東照宮の風水関係はこちら

撮  影  日  平成22年2月
撮 影 場 所  六供町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
徳川家康公の建てた寺・随念寺
大樹寺見学!
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)
 徳川家康公の建てた寺・随念寺 (2015-07-03 08:30)
 大樹寺見学! (2015-04-17 15:35)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。