› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 是より東 本宿村

2010年05月28日

是より東 本宿村


郷土史本宿研究会のご協力により、本宿地区の東海道ルネッサンス事業案内板が新しくなりました。

【以下案内板説明文】
赤坂宿へ壱里九丁
本宿は往古より、街道とともに開けた地であり、中世以降は法蔵寺の門前を中心に町並が形成された。鎌倉街道は東海道の南、法蔵寺の裏山辺りを通り鉢地から宮路山中へと続いていた。近世に入り、東海道赤坂宿、藤川宿の中間に位置する村としての役割を果たしたといえる。享和2年(1802)の本宿村方明細書上張によれば、家数121軒、村内往還通19丁余、立場茶屋2か所(法蔵寺前、長沢村境四ツ谷)があり、旅人の休息の場として繁盛をきわめた。東海道中膝栗毛に「ここは麻のあみ袋、早縄などあきなふれば北八、みほとけの誓いとみえて法蔵寺、なみあみ袋はここの名物」とある。本宿は古くから麻縄(召縄)の産地として知られ、農家の副業として麻細工が盛んであった。また、家康公が食したといわれる当地独特の法蔵寺団子があり、その他、草鞋(わらじ)、ひさごなどが土地の名物として売られ、街道筋の評判となった。往還南に大宝元年(701)僧行基開創と伝えられる古刹法蔵寺がある。歴代の松平氏をはじめ、家康公幼少の頃のゆかりの寺として近世を通じ下馬の寺であり、往来する諸大名をはじめ、旅人の参詣があとを絶たなかったという。その他、往還筋には旗本柴田氏本宿陣屋、尾張藩七里役所、高札場、一里塚、常夜燈などが設置されていた。慶応4年(1868)柴田勝誠が新政府に提出した高取調張には、村高536石余(柴田知行所457石余、法蔵寺領79石余)と報告している。明治7年(1874)の額田郡誌には135戸、550人と記されている。この辺りは、山綱村との村境であり、往古の駅家はこの付近と言われている。南の山裾平五沢では荻野流、高島流の砲術家でもある代官冨田牧太庸秋が砲術稽古を実施した所である。また、シーボルトの「江戸参府紀行」に、この辺りの山中から法蔵寺裏山にかけて植物採集をしたと記述されている。
この辺りから上衣文村を経て宮崎村に至るおよそ3里程の山家在道があり、山地との交流に欠かせない道であった。
(1994年9月 国道1号本宿地区東海道ルネッサンス事業委員会・郷土史本宿研究会)

撮  影  日  平成22年4月
撮 影 場 所  本宿町/地図
投  稿  者  都市計画課

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。