› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 明神渡船場

2010年04月06日

明神渡船場



乙川右岸の三嶋神社裏の河畔に「明神渡船場の碑」があります。
ここ「三嶋」と対岸の「福嶋(現在の板屋町)」を渡し船が行き交っていた「歴史」を伝えています。
今は「明神橋」という橋が架けられ、国道248号が南北に通っています。

ところで、この「明神橋」の「明神」。

神様を連想させるこの名前に、渡船場隣接の「三嶋神社」が関係しているのでは?

境内の案内板には「三嶋神社の古称を「三嶋大明神」という。」とあります。

地名には、その土地の文脈を読み解く手がかりがあることが多く、この地も「明神」や「三嶋」に所縁のある名の付いたものが多いのでしょう。

ちなみに、「三島小学校」は、もとはここ「三嶋」の地にあり、現在は明大寺町に移転しています。

【三嶋神社】
古称:三嶋大明神
往古は鳥居氏の氏神 明暦4年(1658)岡崎城主水野監物忠善が武運長久祈願のため再興建立し代々城主の崇信厚く、神殿内の本殿は宝永3年(1706)に水野監物忠之が再建したものである。当社は腫物になやむ人に霊験があり祈願のため鰯を供えるならわしがある。これは文政のころ、矢作村持田某の息女がなまず(皮膚病の一種)全快の報謝として鯰(なまず)の絵馬を寄進したことに起因するといわれている。

撮  影  日  平成22年3月
撮 影 場 所  上六名町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
徳川家康公の建てた寺・随念寺
大樹寺見学!
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)
 徳川家康公の建てた寺・随念寺 (2015-07-03 08:30)
 大樹寺見学! (2015-04-17 15:35)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。