› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 誓願寺と諏訪神社

2010年07月23日

誓願寺と諏訪神社




1566年、徳川家康の官位勅許(ちょっきょ)の仲立ちをした泰翁(たいおう)のために、労をねぎらって建てたのが誓願寺です。境内には、幼いころ虎童子(とらどうじ)と言われていた家康が、弓の稽古をした際、腰をおろして休んだとされる虎石があります。

諏訪神社は、1523年、岡崎城主 松平信貞が、諏訪大明神を勧請したと伝えられています。境内には、岡崎で最も古いとされる石燈籠があります。

浄土宗西山深草派の寺。諏訪山と号す。永禄9年(1566)の家康公の松平から徳川への「復姓」と三河守補任に功績のあった泰翁慶岳のために家康公が建立。近世前期の岡崎の有力町人が多く檀家となり、国分伯機・九一・東陽の三代の墓などがある。昭和20年(1945)7月の空襲により焼失し、寺観は大きく変容した。(岡崎市史)

撮  影  日  平成22年7月
撮 影 場 所  梅園町字虎石/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。