› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 藤川地区~関山神社

2010年05月22日

藤川地区~関山神社



藤川の氏神である「関山神社」。
修復された石垣は、新旧の地域の人々の崇敬の積み重ね。
今も藤川の守り神として、藤川の里を見守っています。

【神社案内板】
関山神社は、往古、藤川の里を見下ろす明神山頂に村中安全、五穀豊穣、疫病退散を願って赤山大明神を勧請し、藤川の鎮守として崇敬してきました。「額田郡神社誌」によると、戦国末期、藤川城主・内藤弥次右衛門家長は、本殿を建立し、宝永年間には雨覆を再建したと伝えています。その後、江戸時代後期、今の位置に副殿を建立して里宮とし、正殿(奥宮)への参道も設けられ、平成8年奥宮の雨覆が改築されました。

【藤川宿まちづくり研究会】
「関山神社」は、藤川宿の北の山「明神山」の頂上付近に祀られ、藤川町氏神である。この宮の祭神は「天手力雄命・須佐之男命・仁徳天皇」とされている。この神社の創立は不明であるが、古くは「赤山大明神」と称され、室町時代の末ごろ、今の奥宮付近に勧請されたと思われる。昔から「赤山大明神」は延命富貴の神と信仰されていて、江戸後期に麓に副殿(里宮)ができ、祭事は里宮で行うようになった。また、神社名は明治の初めに「関山神社」と改称して今日に至っている。

撮  影  日  平成22年5月
撮 影 場 所  藤川町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。