› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 大平一里塚

2010年07月01日

大平一里塚


ここから東の藤川の一里塚跡まで約4キロメートル(約1里)。むかしは徒歩で小一時間の距離の目安として用いられていました。視覚的には、木が植えられているだけの景観ですが、時間や距離の概念も含めた歴史的景観なのです。

【国指定史跡】
慶長9年(1604)2月、五街道の制度が定められ、江戸(東京)日本橋を起点として、一里ごとに一里塚を築いて榎を植えた。

この一里塚もこの時つくられ、当時は道路の両側に榎を植え塚は五間四方(約82平方メートル)あったという。昭和3年3月道路改修のとき、東北にあった一方の一里塚を破壊し、代りの榎を植えて現在のようにした。
現在の塚は高さ2メートル底辺は縦横ともに約7.2メートル上に目通し約3メートルの塚がある。

東海道岡崎と藤川両宿の間にあって、これは南側の塚である。塚の規模は、高さ2.4メートル、底部の縦7.3メートル、横8.5メートルの菱形である。塚の中央の榎は巨木となっていたが昭和28年(1953)の台風で倒れ、現在に若榎が植えられている。
【現地教育委員会案内板】

撮  影  日  平成22年6月
撮 影 場 所  大平町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。