› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 高岩弁財天

2010年10月29日

高岩弁財天



その昔、菅生川には高岩という奇岩があり、松や杉、桧が茂り弁財天様が祀られて毎年祭礼が行われた名勝の地でありました。
詳細はこちら

地蔵尊は安産無病息災 
享和3年(1803)3月24日安置(もと高岩々植上)

高岩弁財天
安置 江戸時代高岩々上
明治初期現在地へ御遷座(高岩は1979年全く除去)
弁財天は川の守護福徳財宝の神

現在の流れを眺め、かつてあっただろう高岩を想像するのも楽しいものです。
場所は変われど、現在も弁財天は菅生川の守護神として見守っています。

撮  影  日  平成22年10月
撮 影 場 所  菅生町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
徳川家康公の建てた寺・随念寺
大樹寺見学!
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)
 徳川家康公の建てた寺・随念寺 (2015-07-03 08:30)
 大樹寺見学! (2015-04-17 15:35)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(3)歴史の風景
この記事へのコメント
こんばんはキノシタさん

岡崎の弁財天様は「財宝の神」でいらっしゃいましたか。学生当時は存じあげませんでしたので
神奈川県は鎌倉の銭洗弁天様に友人とお参りさせて頂き100円玉を洗った記憶があります。

「これで将来は巨万の富が得られる」(^_^)v と友人共々夢を見たものです。

せっかくご紹介頂きましたので、今回は「心を入れ替え壱万圓札を洗って参ります。」(^_-)
Posted by シモン at 2010年10月29日 21:24
シモンさん、こんばんは。

「弁財天」は元来、インドの河神であることから、日本でも水と関係のある場所に祀られることが多く、岡崎でも菅生川ゆかりの神となりました。

もともとは「弁才天」といい、「弁才天」の「才」の音が「財」に通じることから財宝の神となったそうで、シモンさんのコメントで今回知ることとなった鎌倉の銭洗弁天様は、なんと、そこの湧き水で銭を洗うと、数倍になって返ってくるという信仰があるんですね☆

ロマンがある物語ですね(^_^)
Posted by キノシタ at 2010年10月29日 22:20
へーそうなんですか、数倍になって返ってくるどころか「ジリ貧」ですが・・・・・・(;´д`):トホホ

岡崎の弁財天様も数倍かなー?ウォー「伍萬圓」 \(^o^)/

神様、仏様、キノシタ様  m(。_。)m アリガタヤー!
Posted by シモン at 2010年10月29日 23:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。