› 岡崎いいとこ風景ブログ › デザイン › 歴史を感じる屋外広告物

2010年07月12日

歴史を感じる屋外広告物





まちには、とても目立つもの、センスの良いものなど、いろいろな看板、屋外広告物がたくさんあります。

「伝馬通」、昔は「東海道」であった道沿いに老舗の「永田屋精肉店」があり、東隣の「糸惣」同様、店構えもさることながら、歴史をつなぐ景観として、看板がとても重要な要素となっています。

通りを車で運転していると気づきませんが、歩いて、間近に見てみると、往時を偲ぶその歴史を感じさせるデザインや木という素材の風合いに、風格さえも備えている印象を受けます。

撮  影  日  平成22年6月
撮 影 場 所  伝馬通2丁目/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(デザイン)の記事画像
きのどうぶつたち@おかざき世界子ども美術博物館
designers chair collections(デザイナーズコレクション展@シビコ6F)
藤川案内サイン
りぶらのお堀通り
りぶらのお城通り
芸術の秋、アート&ジャズ
同じカテゴリー(デザイン)の記事
 きのどうぶつたち@おかざき世界子ども美術博物館 (2017-06-16 13:03)
 designers chair collections(デザイナーズコレクション展@シビコ6F) (2017-06-14 12:47)
 藤川案内サイン (2013-06-20 08:30)
 りぶらのお堀通り (2013-02-18 08:30)
 りぶらのお城通り (2013-02-08 08:30)
 芸術の秋、アート&ジャズ (2012-11-07 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)デザイン
この記事へのコメント
岡崎大空襲の戦火を逃れ、現代にその姿を残している建物の存在を知ると、遠く離れていても故郷の歴史の深さを感じる事が出来ます。
Posted by 元岡崎市民 at 2010年07月13日 19:53
元岡崎市民さん、コメントありがとうございます。

まちは常に変化しています。

変化を前提としながらも、今も変わらない風景もあります。

遠く離れていても、ふるさとへの想いをつなぐように、
ときに自分のまちの歴史の深さにあらためて感動することがあります。
Posted by キノシタ at 2010年07月14日 08:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。