› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 籠田総門角常夜燈

2010年07月31日

籠田総門角常夜燈


天正18年(1590)徳川家康の関東移封により、田中吉政が岡崎城主となり総堀を築き城下町としての整備をはかる。慶長6年(1601)伝馬の制定により東海道の往来も激しく次第に殷賑をきわめるようになり寛文10年(1670)籠田総門が設けられる。時は徳川泰平の世に移り町並はさらに整備され町内旅人のため要所に常夜燈が建立された。

この常夜燈は寛政10年(1798)岡崎城下3番目のものとして石工、七左衛門作により籠田総門付近に建立され町内と旅人往来安全の灯として、市井の人々に愛され温かく守護され続けてきたものである。

大正時代に旧市役所(現電報電話局)北側に移転し幸いにも昭和20年7月20日未明の岡崎空襲の災禍を免れ、昭和25年戦災復興事業により整備された篭田公園の一角に再移転、さらに昭和56年4月籠田公園地下駐車場の新設により装いも新たにこの地に再建された。城下町交通の遺物として茲に後世のためその経緯を記すものである。

昭和56年11月吉日 籠田町有志一同 
【現地案内文掲載】

撮  影  日  平成22年7月
撮 影 場 所  籠田町/地図
投  稿  者   キノシタ


にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。