› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › もしかしてすごいパワースポット?

2010年08月04日

もしかしてすごいパワースポット?




徳川家康8才にて、織田との人質交換にて岡崎へ帰った3日後、ここの亡き父廣忠の墓(分骨)墓中央大きな物へ参ると古文書にあり、コレを見守る幕末の徳川方新撰組隊長、近藤勇 

この物語は廣忠墓から始まり新撰組とともに徳川解体で終わる、江戸時代の始めと終わり。この二つが同じところにある、ちょっとおもしろいと思いませんか?

撮  影  日  平成22年8月3日
撮 影 場 所  法蔵寺境内(本宿町)/地図
投  稿  者  ChaRaku


<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)歴史の風景
この記事へのコメント
ChaRakuさん、こんばんは。

法蔵寺、何度も訪れていますが、
言われてみれば!!

新たな気づきで、刺激的でした☆
Posted by キノシタ at 2010年08月05日 19:27
「徳川家康8才にて、織田との人質交換にて岡崎へ帰った3日後、ここの亡き父廣忠の墓(分骨)墓中央大きな物へ参ると古文書にあり」とありますが古文書とはどのようなものでしょうか?
法蔵寺には家康8才の時の書と、家康が傷を付けた手習いの机が残されています。
その時の物である可能性が高いのではないでしょうか?
Posted by 藤田喜章 at 2014年07月06日 09:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。