› 岡崎いいとこ風景ブログ › 里山の風景 › 猪垣の今昔、数百年の歴史が変わる

2010年08月15日

猪垣の今昔、数百年の歴史が変わる






猪垣は昔から猪や鹿が作物を荒らしに降りてこないよう石垣を作って防いでいたもので、弥生時代からの歴史があるものなのですが、現在の猿や高等化した猪には無力なようで、現在では高圧電気柵ですね。猪垣は人の方に向けて石垣がありますが、(人間優位)このまま行くと人家も、電気柵の中に作ることになるかもしれませんね。

撮  影  日  平成22年8月11日
撮 影 場 所  鶇巣町奥田/地図
投  稿  者  ChaRaku


<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(里山の風景)の記事画像
夏至の日の夕焼け
木陰
三ツ又群生
桜形の霊水(さくらがたのれいすい)
天恩寺とその近辺
ススキとトンビ
同じカテゴリー(里山の風景)の記事
 夏至の日の夕焼け (2018-06-22 09:36)
 木陰 (2014-03-19 08:30)
 三ツ又群生 (2014-03-14 08:30)
 桜形の霊水(さくらがたのれいすい) (2014-02-03 08:30)
 天恩寺とその近辺 (2012-11-27 08:30)
 ススキとトンビ (2012-10-12 18:16)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(1)里山の風景
この記事へのコメント
ChaRakuさん、こんにちは。
鶇巣にも猪垣があることを今回、はじめて知りました。
「猪垣」は、地域に根ざした、くらしの文化そのものであると思います。
次の世代へしっかりと継承していきたいものですね。
Posted by キノシタ at 2010年08月16日 12:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。