› 岡崎いいとこ風景ブログ › くらしの風景 › 時計のある風景(その2)

2011年08月12日

時計のある風景(その2)

時計のある風景の2回目は、康生・伝馬地区。この地区にはいろんな施設や通りに時計が設置されてます。

時計のある風景(その2)
最初は、図書館交流プラザ「りぶら」の時計台。建物の南西角に、2本のポールで支えられた東西2面の時計がすっきりと立っています。

時計のある風景(その2)
東康生通りには、「家康公生誕之街」の記念塔があり、その上に3面の時計が堂々と乗ってます。

時計のある風景(その2)
ここから少し東に行くと、籠田公園南のグリーンベルトに田中吉政の座像があります。その後ろを守るかのように背の高い1本のポールがあり、その上の丸い大時計が遠くからもよく見えます。

時計のある風景(その2)
さらに東に行き、伝馬通1丁目交差点の街路樹のそばに時計台を見つけました。
四角形の盤面に"Tenma Street"の文字があり、しゃれてます。時刻があってないのが残念でした(撮影時刻は午後3時半でした)。

撮影日  平成23年7月、8月
撮影場所 康生・伝馬地区
投稿者  岡崎エクスプローラー

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
時計のある風景(その2)



同じカテゴリー(くらしの風景)の記事画像
【写真紹介】水鏡
【写真紹介】私の好きな岡崎の風景
【写真紹介】南公園の夕暮れ
【写真紹介】梅が咲く季節になりました
春はすぐそこ
殿橋上に大輪の花咲く
同じカテゴリー(くらしの風景)の記事
 【写真紹介】水鏡 (2021-10-06 10:00)
 【写真紹介】私の好きな岡崎の風景 (2021-08-13 12:30)
 【写真紹介】南公園の夕暮れ (2021-05-12 09:00)
 【写真紹介】梅が咲く季節になりました (2021-02-16 11:00)
 ★11月17日開催 歴史まちづくりシンポジウム~郷土食の八丁味噌造りにみる歴史的な風情を磨く~ (2019-11-12 12:00)
 春はすぐそこ (2019-02-26 13:49)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(1)くらしの風景
この記事へのコメント
岡崎エクスプローラーさん、おはようございます。

こんなにもまちなかに時計のある景色があるんですね。
設置された年代も違いますが、個々のデザインは時代を感じさせませんね。
Posted by キノシタ at 2011年08月16日 08:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
時計のある風景(その2)
    コメント(1)