› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 徳川家譜代・酒井氏ゆかりの地

2011年12月07日

徳川家譜代・酒井氏ゆかりの地

徳川家康の天下統一は、その家臣団なくしては考えられません。その中でも徳川四天王は多くの合戦で活躍し、幼少時より家康を支えました。これら人物のゆかりの地を訪れ、その歴史の風景を紹介します。

徳川家譜代・酒井氏ゆかりの地
徳川家譜代・酒井氏ゆかりの地
四天王筆頭は酒井忠次です。忠次は家康より15歳年上で、家康が三河を平定した後は東三河の旗頭に任命されてます。この出世の前まで居城としていたのが、井田城です。現在の井田町の城山公園の一隅に城趾碑があります。最初の写真は井田公園方面から東の高台にある城山公園を見たもので、この木々のなかに2枚目の写真の石碑があります。

徳川家譜代・酒井氏ゆかりの地
城山公園の南約250mに井田八幡宮があります。同社は酒井氏の産土神(ウブスナガミ)と言われてます。

徳川家譜代・酒井氏ゆかりの地
酒井氏初代の酒井広親(ヒロチカ:忠次の6代前)は、一説には松平家の始祖松平親氏の庶子と言われており、酒井氏は松平氏が岩津に進出したころからの最古参の譜代です。その広親の石宝塔が残っており、市内で最も古い(15世紀中頃)墓塔の一つです。

宝塔は岩津小学校の西隣りの小高い土地にあり、民家が建て込んでいて分かりにくい所です。たまたま通りかかった岩津小の先生が、ご親切に現地まで案内してくださいました。ありがとうございました。写真の奥に見える建物が小学校の校舎です。

撮影日  平成23年11月24日
撮影場所 井田町、岩津町
投稿者  岡崎エクスプローラー

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
徳川家譜代・酒井氏ゆかりの地



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
【写真紹介】水鏡
【写真紹介】初夏の乙川
【写真紹介】もういちど散策
歴史散策に活用できる、歴史観光サインの多言語翻訳の閲覧・音声再生用QRコード付きのカードを配布します
岡崎市の新しいシンボル「徳川家康公像」が完成しました!
6月2日 岡崎百景の会おでかけツアー「悠紀斉田お田植えまつり」開催のお知らせ
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 【写真紹介】水鏡 (2021-10-06 10:00)
 【写真紹介】初夏の乙川 (2021-06-07 13:15)
 【写真紹介】もういちど散策 (2021-05-11 08:00)
 歴史散策に活用できる、歴史観光サインの多言語翻訳の閲覧・音声再生用QRコード付きのカードを配布します (2021-04-22 09:43)
 岡崎市の新しいシンボル「徳川家康公像」が完成しました! (2019-11-26 11:26)
 ★11月17日開催 歴史まちづくりシンポジウム~郷土食の八丁味噌造りにみる歴史的な風情を磨く~ (2019-11-12 12:00)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)歴史の風景
この記事へのコメント
ウチの近くには城山神社というところがあります。
小高い山まではいかない、丘の上にあります。
ここもそんな感じかな。
故郷でも知らないところが沢山ありますね。
勉強になります。
Posted by リエ at 2011年12月10日 21:29
リエさん、おはようございます。

私も知らないことが多いです。歴史に少し興味があり、図書館(りぶら)で調べながら、現地を訪れたりしてます。

三河武士の多くは関東など全国に移封されており、ゆかりの地は岡崎市外ということも多くありそうです。私はあくまで岡崎市の風景にこだわって、紹介していきたいと思います。
Posted by 岡崎エクスプローラー at 2011年12月11日 11:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
徳川家譜代・酒井氏ゆかりの地
    コメント(2)