› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 映像ギャラリー「大樹寺から岡崎城への眺望(ビスタライン)」

2013年04月28日

映像ギャラリー「大樹寺から岡崎城への眺望(ビスタライン)」

「広報 YouTube」では、市内の風景やイベント、役立ち情報など、動画で様々な情報をお伝えしています。
映像ギャラリー「岡崎市広報YouTube」「大樹寺から岡崎城への眺望(ビスタライン)」
映像ギャラリー「大樹寺から岡崎城への眺望(ビスタライン)」
「岡崎城」と岡崎城の北にある「大樹寺」を結ぶ約3kmの直線を「ビスタライン」と呼­んでいます。「ビスタ」とは「眺望・展望」を意味します。
この眺望は、徳川三代将軍家光が、1641年、家康の十七回忌を機に、徳川家・松平氏­の菩提寺である大樹寺の伽藍を建てるとき、「祖父生誕の地を望めるように」と、本堂か­ら三門、総門を通して、岡崎城が望めるようにしたことに由来します。以後、歴代の岡崎城主は、天守閣から毎日ここに向かって拝礼したとも伝えられています­。
時は移り、岡崎城も再建されましたが、大樹寺から岡崎城を望む歴史的眺望は往時のまま­(約370年前)で、門越しに望む岡崎城は、まるで額の中の絵のようです。「百聞は一­見に如かず」。ぜひ、大樹寺の門越しに望む歴史的眺望を体感ください。



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
【写真紹介】もういちど散策
歴史散策に活用できる、歴史観光サインの多言語翻訳の閲覧・音声再生用QRコード付きのカードを配布します
岡崎市の新しいシンボル「徳川家康公像」が完成しました!
6月2日 岡崎百景の会おでかけツアー「悠紀斉田お田植えまつり」開催のお知らせ
能見神明宮大祭がありました
中学生の歴まち巡り
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 【写真紹介】もういちど散策 (2021-05-11 08:00)
 歴史散策に活用できる、歴史観光サインの多言語翻訳の閲覧・音声再生用QRコード付きのカードを配布します (2021-04-22 09:43)
 岡崎市の新しいシンボル「徳川家康公像」が完成しました! (2019-11-26 11:26)
 ★11月17日開催 歴史まちづくりシンポジウム~郷土食の八丁味噌造りにみる歴史的な風情を磨く~ (2019-11-12 12:00)
 6月2日 岡崎百景の会おでかけツアー「悠紀斉田お田植えまつり」開催のお知らせ (2019-05-29 10:30)
 能見神明宮大祭がありました (2019-05-27 09:00)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。